修復部門

修復部門

愛知や岐阜を中心に修理物件の受け入れを行っており、地域文化財の保護保存に努めています。また、大学教育機関として、修理技術者を招聘した大学院生向けの保存修復実習などを通し、文化財にかかわる人材の育成にも取り組んでいます。

修復作業工程

日本画(絹本)作品の修復作業

「毘沙門天」岐阜県岐阜市真長寺「十二天像」のうち
①修復前の状態
汚れ、傷みが見られます。
nihonga23

②表打ち
絵の表側に布海苔で和紙を貼り付け補強します。
nihonga24

③肌裏除去

傷んだ裏打ち紙を丁寧に除いていきます。
nihonga25

④補填(ほてん)
欠損部分を裏から絹で補います。
nihonga26
nihonga27

 

⑤表装

本紙、裂きれに新しく裏打ちし、仕立て直します。
nihonga29
nihonga30

 

⑥完成
nihonga31

修理後作品

 

油画作品の修復作業

①修理前の状態

絵具の浮き上がり、剥落が見られます。

 

②解体・清掃

額縁から作品を取り出し、画面を清掃します。

 

③ 亀裂、および浮き上がり接着
膠で亀裂や浮き上がりを接着します。

 

④ 充填・整形
絵具の欠けた箇所に、ボローニャ石膏と膠水溶液を充填し、整形します。

⑤ 補彩
充填・整形を行った箇所に溶剤型アクリル絵具を用
い周囲の色調に合わせて補彩をします。

 

⑥ ワニス塗布
保護層とするため合成樹脂ワニスをスプレーで塗布
した。

⑦完成

修理後作品