愛知県立芸術大学 文化財保存修復研究所主催講座「災害と文化財ー地域文化財を守るためにー」

日時

2016年10月11日(火) 13:00~16:00

場所

愛知県立芸術大学 文化財保存修復研究所2階
愛知県長久手市岩作三ケ峯1-114(最寄り駅:リニモ「芸大通」駅下車、徒歩15分)
※駐車場わずかなため公共交通機関でお越しください。

阪神淡路大震災(1995年)、東日本大震災(2011年)などの大災害時におおける被災文化財の救出については、その意義と重要性が認識され、種々の報告書や記録に著されています。文化庁や国立文化財機構などによる全国的な美術館・博物館による文化財レスキューの為のネットワークづくりが形成されるイッポウで、地方における自主的な災害対策立案の動きも各地で見られるようになりました。

こうした情勢の中、愛知県立芸術大学では2013年に文化財保存修復研究所が設立され、今年で設立3年目を迎えました。中部地域において近く予測される東海・東南海地震に備え、非指定文化財を含むこの地域の文化財を守るためには、地域の文化財特性を意識した防災・災害対策・災害後救出の準備が必要です。本講座では、こうした地域文化財を守るための情報を関係各所と共有し、知識を深め、今後の地域ネットワークづくりの機会を創出したいと考えます。

申込

下記連絡先にお名前・連絡先・所属団体をお伝え頂き、お申込み下さい(先着30名・平日9~17時受付)。

愛知県立芸術大学 文化財保存修復研究所

電話:0561-76-7611/0561-76-2851
Fax:0561-76-7611
お問い合わせはこちら