芸術講座「文化財をめぐる防災」を開催致します

一昨年より開催しております、「災害と文化財」講座を本年度も開催する運びとなりました。

第3回目となる今回は「文化財をめぐる防災」と題し、愛知県美術館で保存担当学芸員として長らく作品・資料保存に取り組まれてきた長屋菜津子氏より美術館から見た愛知県の文化財の防災体制について、東北芸術工科大学文化財保存修復研旧センターで多くの地域文化財保護に携わり、東日本大震災の文化財レスキューに参加された岡田靖氏より山形での文化財レスキュー体験を交えた文化財保護の為の災害対応・対策についてご講演いただきます。
参加費、事前申込は不要です。是非ご参加下さい。

講座チラシ[PDF](717KB)

 

愛知県立芸術大学文化財保存修復研究所「災害と文化財」講座 第3回
「文化財をめぐる防災」
日時:2018年11月15日(木)  午前9:50~ (開場9:30)
会場:愛知県立芸術大学新講義棟
愛知県長久手市岩作三ケ峯1‐114 ※駐車場がございませんので公共交通機関のご利用をお願いいたします。

プログラム
9:50~     開会挨拶
10:00~10:50  講演 「美術館から見た愛知県の文化財防災」
長屋 菜津子 氏 元愛知県美術館 学芸員
10:50~11:40  講演 「災害後の対応と災害前の対策」
岡田 靖 氏 一般社団法人木文研 代表理事
11:45~     質疑応答

主催:愛知県公立大学法人愛知県立芸術大学
企画:愛知県立芸術大学芸術創造センター/文化財保存修復研究所
お問合せ:愛知県立芸術大学芸術情報・広報課   電話:0561-76-2873 (平日9時~17時)